不動産会社との関係|建売住宅の購入に有効なリビン株式会社のサービス

建売住宅の購入に有効なリビン株式会社のサービス

室内

不動産会社との関係

住宅

戸建ての物件は建売住宅とも呼びますが、この物件の販路は複数の種類が存在します。例えば、自社で宣伝活動を行なうことにより買い手を探すという方法もあれば、委託業者へ宣伝や買い手の斡旋などの販売に関する行為を代行してもらうという方法もあります。また、リビン株式会社などの不動産会社と不動産の買い手との間に仲介業者が入るような方法も存在します。
従って、建売住宅の販売方法には三つの種類があることが分かります。売り手と買い手の直接販売、代行業者と買い手による販売、仲介業者が売り手と買い手を仲介する販売の三つです。
これらの手法は様々に絡み合うことがあります。例えば売り手と買い手の直接契約においても、一部仲介業者が関わっているという状況もあります。建売住宅の販売方法は複雑な仕組みになっているのです。
リビン株式会社が行なっている業務の一つとして、上記でお伝えした売り手と買い手の仲介があります。通常、仲介業者というものは仲介を行なうことで仲介手数料を発生させ、それにより利益を得ています。リビン株式会社はその仲介手数料に着目し、買い手にとって有益なサービスを展開しています。その内容は、手数料無料サービスです。リビン株式会社は、仲介手数料を売り手のみから徴収する制度を用意しています。そのため、買い手には仲介手数料が発生しません。買い手にとって非常に嬉しいサービスとなっているのです。詳細についてはリビン株式会社へ確認してみると良いでしょう。